フリー仕事.com

IT系フリーランス・個人事業主の仕事情報

フリーランス

会社員からフリーランスに。フリーになるにあたって気をつけるべきこととは?

投稿日:

もっと自由な時間がほしい!自分の好きなことをして暮らしたい!そんなあなたは会社員よりも、フリーランスに向いているのかもしれません。今はインターネットでさまざまな仕事ができるため、フリーランスのハードルはかなり下がってきています。しかしいきなりなんの準備も心構えもなく会社を辞めてしまうと、後に思わぬ失敗と出会う危険もあるでしょう。
会社員からフリーランスになるにあたって、何に気をつけるべきなのか。まずはこちらで確認してみましょう!

フリーランス

PR

仕事をもらえる相手を複数つくる!

フリーランスは、いつだって一寸先が闇の状態です。たとえ今は順調に仕事がもらえていたとしても、いつその安定が崩れるかはわかりません。突然収入が0にならないように、仕事をする相手を複数持っておくようにしましょう。

いくつかのクラウドソーシングに登録したり、仕事の範囲を広げたりすることで、収入を期待できる場所を増やすことができます。フリーになってからでは余裕を持って仕事を探せないので、会社員時代からコツコツとクライアントを見つけておきましょう。仕事先が多いと、自分自身の成長にもつながるので一石二鳥です!

時間を自分で管理する術を身につけておく!

フリーランスは会社員とちがい、すべて自分の管理のもとで行われます。遅刻を叱ってくれる人もいなければ、仕事の量を調節してくれる人もいないのです。時間のやりくりが上手にできないと、せっかく仕事があってもきちんとした収入につながらないという事態にもなりかねません。フリーランスを目指すのなら、会社員時代から自分の時間を管理するくせを身につけておきましょう。

タイムテーブルの作成やスケジュールの構成も、フリーランスにとっては1つの仕事となります。怠け過ぎずかといって詰め込み過ぎないちょうどいい塩梅を、まずは自分で見つけてみましょう。会社員時代の規則正しい生活が、良い参考になるかもしれません。

相談相手を外部に持つ!

フリーランスになると、仕事以外で他人と接する機会が極端に減ってしまうことがあります。友人や家族が疎遠になると、仕事でトラブルがあったときや、ストレスに苛まれたときに逃げだせる場所がなくなってしまうでしょう。自分を追い込むことのないように、相談できる相手を外部に確保しておくことをオススメします。

相談相手は知人に限らず、カウンセラーやフリーランスの支援を行っている団体でもかまいません。とにかく孤立しないように気をつけることが、フリーランスを続ける条件となるでしょう。ちょっとしたことでも1人で抱え込まないで、気楽に相談することを忘れないでくださいね。




-フリーランス

関連記事

ITフリーランスも加入した方がいい?就業不能保険について

今はITフリーランスとして働くことができているとしても、ケガや病気などの理由で働けなくなるリスクはどうしても排除することができません。 そういったリスクに対応するには、就業不能保険に加入するのが一般的 …

フリーランス仕事

フリーで一番不安なのは仕事がとれるかどうか…どのような取り方があるのか?

フリーランスは当然ながら、仕事を自分で見つけなければなりません。しかし1つの方法に固執していると、上手くいかなかったときに八方ふさがりとなってしまう恐れがあります。いくつか仕事の取り方を用意しておくこ …

仕事が不定期になってしまう?フリーランスが意識したい仕事のリズム

フリーランスとは自由度の高い職業です。 仕事を始めるタイミングも、労働時間も本人次第。 そのため、つい仕事が不定期になってしまい、思ったような収入を得られないという人もたくさんいます。 ある意味でそれ …

フリーランスになるなら知っておきたい健康保険や組合のこと

フリーランス志望の会社員の方は、退職後の健康保険に関して深く考えておきましょう。 なぜ退職前に検討しておいた方が良いかと言うと、加入手続きに期限を設けているケースがあるからです。 フリーランスになった …

確定申告

フリーは確定申告が大変…クラウド会計サービスを活用しよう。

フリーランスとして生きていくのなら、確定申告は外せない業務です。しかし確定申告ほどさまざまな知識が必要で、時間もかかるやっかいな相手はいないでしょう。そんな確定申告に関わる手間を簡略化したいのなら、ク …